ポーション作り――それは、患者に笑顔を届けるための『お手伝い』
二人のクリエイターが紡ぎ出す、癒すのメルヘンファンタジー

祝 連載スタート

ポポルちゃんの連載が始まります!
各話のあらすじ、本編はここからチェックできます

  1. Episode 01
  2. Episode 02
  3. Episode 03
  4. Episode 04
  5. Episode 05
  6. Episode 06

短編作品あらすじ

ポーション――
それは、どんな怪我や病気も治してくれる特効薬。

駆け出しの調律師として
ポーション作りに励むポポルと、
その相棒でケット・シーのキルティーは、
亡き祖母が遺した工房を引き継いで
診察から素材採集、調合して納品……
と、忙しいけれども温かい日々を過ごしていた。
ある日、新規の依頼を請けて
ポーションを作り始めようとした時、
一人の小さな依頼人がやってくる。
「そのポーション作り、中止してよ!」
前代未聞の依頼に困惑するポポルとキルティー。
だが依頼人の切羽詰まった様子から、
ひとまず事情を聞くことにして――

これは、患者の為だけに調合されたポーションと
調律師のポポルが紡ぐ、
心温まる癒やしの物語……。

ポポル

駆け出しの調律師。16歳。
調律師だった祖母に憧れて同じ道を志した、
何事にも一生懸命な女の子。
誰に対しても明るさを忘れないが、
少々行き過ぎて能天気な一面も……。
相棒のキルティーと共に、祖母から
受け継いだ工房を切り盛りしている。

キルティー

ポポルの家に代々使役されているケット・シー。
背格好は16歳前後だが、
ポポルの祖母と出会った頃から
姿の変わらないほど長寿。
その分博識で時に発言は辛辣。
由緒正しきケット・シーだからとプライドも高め。
ポポルに対しては面倒見の良い一面もありつつ、
なにかと甘くなってしまう。

リアム

見た目は中性的だが、
10歳の立派な男の子。
負けず嫌いで子供扱いされることを
とことん嫌う、生意気な性格。
思ったことを素直に口に出しすぎる反面、
本心は語ろうとしない天邪鬼。

アルバ

10歳。年齢のわりに体格に恵まれている少年。
リアムとは幼馴染みの関係だが、
とある事情で仲はよくない。
突如発症した原因不明の病で、
昏睡状態が続いている。

本編はこちらから!